雑談・日記のアーカイブ

銅管の劣化腐食

銅管の劣化腐食

水道水や井戸水など、水質により銅パイプが劣化しピンホールなどの穴が開くことがあります。
これは、高温水の通る場所に見られることが多いですね。
よく温泉なんかの蛇口についているミネラル成分の固形化することで、銅管内部から傷がついて発生することがあります。
現在では、そういった重要なパイプにはステンレスを使用するメーカーも増えています。

KIMG0313

タグ

2017年6月29日 |

カテゴリー:修理・点検 雑談・日記

修理の受付に関して

修理に関しては、設置状況が屋外用を屋内設置などの法令に反するもの
設置が正常でないものに関しては、修理をお断りさせて頂いています。
消防法など不適切な設置の場合、修理後の責任問題となるためです。
大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い致します。

例 石油給湯器の屋内設置での換気問題など

タグ

2017年6月7日 |

カテゴリー:お知らせ 修理・点検 雑談・日記

IBF-3870DS 修理

先日の修理IBF-3870DSでのこと。
お湯がでにくいとのご依頼で訪問したところ
2017-05-21 09.46.36
基板をよく見るとコンデンサ部分などが破裂していました。
落雷による被害と思われます。
過電流が瞬間的に流れることで破裂してます。

これからの季節は落雷も多くなります。
落雷から守る方法はたった一つコンセントを抜くしかありません。

漏電ブレーカーでは、防げない事故となります。
また、落雷の場合はメーカー保証対象外です。
火災保険での適用となりますので、ご注意下さい。

タグ

2017年5月22日 |

カテゴリー:修理・点検 雑談・日記

追い焚き配管に関して

修理依頼でたまたま見つけたものです。
浴槽内の循環口には、現在のタイプは無極性が主流で往きと戻りはどちらでも接続できます。
しかし、20年ほど前の循環口は極性があり、どちらでも接続できないことが多かったです。
この配管も機器を取り換えた業者の方が誤配管していました。
もちろん循環口のフィルターが意味なしえない為、ふろ循環ポンプが焼きつき故障や、髪の毛つまりを起こします。
循環口のフィルターはこまめにお掃除をしましょう。

2017-03-30 14.20.24

タグ

2017年5月12日 |

カテゴリー:雑談・日記

太陽熱温水器修理

太陽熱温水器の修理
年数経過によりボールタップの故障でオーバーフローが発生
交換じたいは簡単なのですが、高所作業の為安全第一ですね。
年数がたつと、どうしてもタンクにクラックが発生する為修理できない可能性もあります。

2017-03-16 09.41.13 2017-03-16 09.40.32

高所作業によりますが、おおよその費用は2~4万円ぐらいです

タグ

2017年5月12日 |

カテゴリー:雑談・日記

業務用ボイラー(LG1301E)取替

この業務用ボイラーは、1992年製(すでに20年以上経過)
頑張ってくれました。給食室に使用されていたボイラーです。
しかし、重い(;´・ω・)
ユニック使用しての引きずり出しなど、結構大変でしたね。
職人の皆様お疲れさまでした。

タグ

2017年3月6日 |

カテゴリー:雑談・日記

天候悪いですね(^_^;)

天候悪くて、太陽熱温水器の修理をお待ちのお客様大変申し訳ございませんm(_ _)m

梅雨明けまでもう少しのご辛抱下さい。迅速に対応させて頂きます。

昨日は、大分市内とちょっと前は宮崎市内の修理に対応させて頂きました。

東九州自動車道のおかげで、本当に遠方も早くなりましたね。

これからも、未対応地域の緊急応援などスタッフの体力続く限り、頑張ります(^o^)

タグ

2016年7月13日 |

カテゴリー:雑談・日記

マキ兼用風呂釜の注意点

マキ兼用風呂釜の注意点

・煙突(排気筒)は、ススつまりのないものを使う

・マキは、乾燥したものを使用する

このあたりは結構重要です。

排気が悪くなり、バーナー部分へ排気抜けしてしまい真っ黒になる可能性があります。

 

 

image

真っ黒の一例です。

 

タグ

2016年6月16日 |

カテゴリー:雑談・日記

ドレン配管つまりの必需品

最近は、エアコンのドレン配管つまりで室内機からの水漏れ修理依頼が多くなっています。
時期的なものですが、このお掃除に大活躍のポンプです。
カビや埃、生物膜なんかもガンガンに飛ばしてくれるので、便利です。
2016-06-14 15.58.33

タグ

2016年6月14日 |

カテゴリー:雑談・日記

エアコンの季節ですね

そろそろエアコンが活躍する季節になってきましたね。
長く使用しているエアコンは、ラジエター(フィン)の部分が埃つまりなどで、能力低下など発生する可能性があります。
定期的にフィルターのお掃除ついでに、綺麗にしましょう。
エアコンクリーニングの専門業者にご依頼すれば、カビなどの汚れもしっかりとお掃除してくれます。
2~3年に一度のペースでご依頼をお勧めします。

2016-06-05 10.02.03

タグ

2016年6月14日 |

カテゴリー:雑談・日記